トップ > 製品情報 > 周辺機器 > パソコン切替器 > DVIディスプレイ対応 > SW-KVM4HDC

デュアルリンクDVIに対応しUSB2.0ハブを搭載した、USB&PS/2コンソール両対応のハイエンドDVI KVMスイッチ。

画像を拡大

SW-KVM4HDCの画像を表示しています。

デュアルリンクDVI対応パソコン自動切替器(4:1)

製品品番

SW-KVM4HDC 廃止

JANコード 4969887592281
標準価格 (税抜き \39,800)
  • お問い合わせ
  • 取扱・組立説明書
  • Q&A

仕様違い製品

品番 特長 価格(税込)
SW-KVM2HDCN 2:1
SW-KVM4HDCN 4:1
  • 特長
  • 特長
  • 特長
  • 特長
  • 仕様
  • 背面
  • パッケージ

製品詳細

特長特長

  • デュアルリンクDVI対応でApple Cinema HD Display(30インチフラットパネルモデル)の超高解像度2560x1600(@60Hz)に対応しています。
  • HDCP対応でフルHD解像度(1920×1080)、WUXGA(1920×1200)のワイドディスプレイにも対応しています。
  • ディスプレイエミュレーション機能(EDID読み出し回路)を搭載しています。ディスプレイのEDIDを読み込みKVMスイッチに保存、DDC通信時に各ポートへ応答することで、裏起動時に画面解像度が変わる、画面サイズが変わるという問題が発生しません。
  • USB2.0ハブを2ポート搭載しており、USBプリンタなど各種USBデバイスを複数台のパソコンで切り替えて共有することができます。さらに単独切り替えも可能なので別のパソコンでUSB機器を動作させながら他のパソコンで作業をする、ということも可能です。
  • スピーカー、マイクの共有も可能です。単独切り替えにも対応しておりコンソールデバイスとスピーカー・マイクは別々に切り替えができます。パソコンで作業中に別のパソコンから音楽を流す、作業状況を音声で確認することが可能です。
  • フロントパネルにもスピーカー・マイクポートを搭載しています。手軽に接続・取り外しができるのでSkypeなどIP電話の利用時に便利です。
  • キーボードとマウスは同梱のUSB-PS/2変換ケーブルを使用することでUSB、PS/2どちらにも対応できます。マウスはUSB、キーボードはPS/2などの接続も可能です。
  • ワイヤレスキーボード・マウスのセットモデルでレシーバーが1つのタイプにも対応しています。使い慣れたワイヤレスデバイスをそのまま複数台のパソコンで共有できます。
    ※1:Bluetoothキーボード・Bluetoothマウスには対応していません。
  • KVM、USB2ハブ、オーディオの独立切替えが可能です。
  • キーボードエミュレーション機能を搭載しています。パソコンの裏起動時、キーボード未接続時で起動した際のブートエラーを回避します。
  • マウスエミュレーションON・OFF機能を搭載しています。切り替え時の素早いマウス操作が可能です。
  • Windows OS、Mac OS、Linuxに対応しています。複数のOSが混在した環境でも使用できます。
  • ホットキー、本体切り替えボタン、2通りの切り替え方法に対応しています。
  • マウス・キーボードのみの接続も可能です。(ディスプレイはパソコンへ直結して使用します)
  • ソフトウェアのインストール不要で、接続するだけで全ての機能を使用することができます。
  • 全てのパソコンをモニタリング可能なオートスキャン機能を搭載しています。

仕様仕様

対応解像度 最大解像度2560×1600(@60Hz)(WQXGA)まで対応
インターフェース 【パソコン用】
ディスプレイ/ DVI(29pin)メス×4 ※デュアルリンク対応
キーボード・マウス・USB2.0ハブ/ USB Bコネクタメス×4
スピーカー/ 3.5mmステレオミニジャック×4
マイク/ 3.5mmステレオミニジャック×4
 
【コンソール用】
ディスプレイ/ DVI(29pin)メス×1 ※デュアルリンク対応
キーボード/ USB Aコネクタメス×1
マウス/ USB Aコネクタメス×1
スピーカー/ 3.5mmステレオミニジャック×2
マイク/ 3.5mmステレオミニジャック×2
USB2.0ハブ/ USB Aコネクタメス×2
電源 ACアダプタ(DC5.3V 2.4A)
消費電力 消費電流/159.9mA(最大)
消費電力/7.24W(最大)
切替方式 本体セレクトスイッチ切り替え、ホットキー切り替え、オートスキャンモード切り替え
動作時温度・湿度 動作時/温度 0〜50℃・湿度 80%以下(結露なきこと)
保存時温度・湿度 保存時/温度 −20〜60℃・湿度 80%以下(結露なきこと)
サイズ W260×D70×H42mm(本体)
重量 754g
付属品 切替器本体×1、専用ケーブル(1.8m)×4、ACアダプタ(DC5.3V 2.4A)×1、USB-PS/2変換ケーブル×1、取扱説明書(保証書付き)×1
注意
本製品はACアダプタの接続が必須です。未接続状態では動作しません。

対応機種対応機種

対応パソコン Windows搭載(DOS/V)デスクトップパソコンまたはノートパソコン、Apple Macシリーズ
※USB Aコネクタ メス、DVI(24pin・29pin)ディスプレイコネクタを持つ機種)
対応キーボード PS/2キーボード、USBキーボード
※キーボードに搭載されているUSBハブポートは本製品経由では使用することはできません。
※キーボードに搭載されている特殊ボタンなどドライバを要する機能については本製品経由では使用することができません。
※指紋認証機能付きキーボード、トラックパッド付きキーボードなどでは動作しないことがあります。
※下記のワイヤレスキーボードは現在のところご使用になれません。
Microsoft製 Wireless comfort Desktop 5000/3000
ロジクール製 Wireless Keyboard K340
対応マウス PS/2マウス、USBマウス
対応ディスプレイ DVI(24/29pin)メスコネクタを持つディスプレイ
※本製品はデジタル信号、アナログ信号の両方に対応しています。付属の接続ケーブルはデジタル信号専用(デュアルリンク対応)ケーブルです。アナログ信号をご使用の場合は別途ケーブルをご用意ください。
Apple Cinema HD Display(20インチ・23インチ・30インチ)対応
※最大2560×1600ドット(@60Hz)(WQXGA)まで
シングルリンク・デュアルリンク両対応
対応スピーカー・マイク 3.5mmステレオミニプラグ対応スピーカー・マイク
対応OS Windows 8.1(※1)・8(64bit/32bit)(※1)・7(64bit/32bit)・Vista・XP・2000(Professional/Server/Advanced Server)、Windows Server 2003/2003 R2/2008/2008 R2/2012/2012 R2、Linux、
Mac OS X、Mac OS 9.0以降
※1 通常のマウス操作、キーボード入力、ディスプレイ表示は問題ありませんが、Windows 8.1・8特有の「チャーム呼び出し」「ジェスチャー機能」などドライバを要する機能についてはKVMスイッチ経由では対応しません。
※「パソコン自動切替器 Q&A 知って得する豆知識」はこちら→(リンク)
※パソコン切替器(KVMスイッチ) 検索はこちら→(リンク)

※確認済対応状況の内容につきましては表記の限りではありません。

製品ラインナップ

仕様違い(全1件)
SW-KVM2HDCN 2:1 SW-KVM2HDCN ¥42,984 (税込)
SW-KVM4HDCN 4:1 SW-KVM4HDCN ¥59,184 (税込)

よくある質問よくある質問(Q&A)

カスケード接続に対応していますか?

2016/03/02

カスケード接続には対応していません。 カスケード接続に対応した機種はSW-KVM8UPになります。
続きを読む

ロジクール社のUnifyingレシーバー、Unifyingキーボード、Unifyingマウスで動作し…

2013/07/24

Unifying規格のレシーバー、キーボード、マウスには対応していません。
続きを読む

ハイブリッド / Unifyingタイプのワイヤレスキーボードが使用できない。

2010/02/10

1つのレシーバーでマウス・キーボードを制御できるキーボードのうち、以下の機種につきましては独自の規格を採用しており、本切替器では現在のところ使用することができません。(2010年2月現在) Mi
続きを読む

USB→PS/2に変換して使うマウスやキーボードも使えますか?

2009/11/26

マウス(またはキーボード)に付属している変換アダプタを使用し、本体に直接挿して動作出来るものであれば使用可能です。
続きを読む

切替時にマウス・キーボードを再認識しない切替器はありますか

2009/05/13

キーボードエミュレーション機能(パソコンの裏起動時、キーボード未接続時で起動した際のブートエラーを回避します)とマウスエミュレーション機能(多機能ボタン・マルチファンクション機能を搭載したマウスに幅広
続きを読む

よくある質問をもっと見るよくある質問をもっと見る



ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る