トップページ > すべての特集コンテンツ > エルゴノミクス(人間工学)特集 > 環境 > エルゴノミクス(人間工学)特集:ムダな動きをなくして効率アップ!

エルゴノミクス(人間工学)特集:ムダな動きをなくして効率アップ!

快適なパソコン作業を実現 エルゴノミクス特集 快適なパソコン作業を実現 エルゴノミクス特集

ムダな動きをなくして効率アップ!

長時間パソコン作業を続けると、ちょっとした姿勢の歪みの蓄積が様々な問題を引き起こします。放っておくと知らず知らずのうちに深刻な状況になりかねません。
また、資料や周辺機器類が散乱してデスク上の作業スペースが狭くなっている場合、作業効率が悪くなりストレスの要因ともなります。最小限の動きで作業できるように、機能的で快適な作業環境を作りましょう。日々の蓄積されていく負担とストレスを軽減させ、作業効率の向上も期待できます。

作業効率ダウン

作業効率アップ

さまざまな機器を活用して環境改善しよう!

机の上で散乱しがちな機器をまとめることで作業負担が減り、効率の良い環境を作ることができます。
机上ラックテレフォンスタンドを使えば、周辺小物をモニタ下に収納して整頓できたり、電話機を浮かせてスペースを有効活用することができます。
また、パソコン切替器があれば1組の液晶モニタ、マウス、キーボードで複数台のパソコンを操作できるので、動線が単純になり疲労軽減にも繋がります。