トップページ > 製品情報 > デスク・ラック・チェア > デスク > 上下昇降デスク(電動昇降・ガス圧昇降・手動昇降)

上下昇降デスク

上下昇降デスク
上下昇降デスク
デスクワークに立つという動作を加えることで、
健康維持、生産性UPが見込めます。
使用環境にあわせてお選びください。

条件を絞り込んで検索

昇降タイプ
天板色
天板幅
天板奥行き
価格(税込み)
(00)
その他特長
すべての製品を表示:38
絞り込み:

上下昇降デスクが健康維持に役立つ理由

毎日のデスクワークや車の運転、テレビ鑑賞など、一日の大半を座りっぱなしで過ごしていませんか?
私たちは、目覚めている時間の60~70%は座った状態で、1日のうち最大12時間も座っているというデータがあります。
そもそも人間の体は動くことを前提とした構造になっており、長時間同じ姿勢を続けることには適していません。
このまま毎日同じ姿勢を続けると、エネルギー消費が非常に少ない状態になり、体に悪影響を及ぼしてしまいます。
1日に座っている時間は約12時間
定期的に立つ時間を作って、立ったり座ったりをバランスよく行えば疲労を軽減できます。
例えば1日8時間の勤務時間の中で、1~2時間を立って過ごせば、健康面での違いは顕著に現れるはずです。
メールチェック、簡単な書類作成、簡単なミーティングなど、自分でルールを決めて立つ時間を上手に作りましょう。
同じ姿勢が続くと、筋肉が固まり疲労…立ったり座ったりすると、筋肉が動いて疲労軽減

上下昇降デスクで生産性が上がる理由

長時間座り続けると、循環器系への働きかけが弱くなることで心臓の動きが悪くなり、血流が減少します。その結果、肩や背中、腰などにどんどん疲労が蓄積していきます。
立つ・座るを交互に行うことで、メンタルが活性化されて集中力が向上し、生産性が10~20%アップするというデータがあります。気分転換にもなるので眠気防止にもなります。ミーティングや会議も立ったまま行えば、時間を区切って短時間で進むので仕事効率も高まります。
さらに、立って仕事をすることで椅子に座ったり立ち上がったりする動作が無くなるので、デスク間の移動がスムーズになり社員同士の協力意識も向上したというデータも報告されています。
「立つ」「座る」を繰り返すことで心も体も健康に!生産性もアップ!
座りっぱなしだと 立って体を動かすと

昇降デスクを導入しましょう

実際に昇降デスクを使用している従業員の71%が「より集中できた」、66%が「ストレスが少なくなった」と回答しているデータもあります。昇降デスクを導入して一人ひとりに合った仕事環境をつくることで、従業員の「健康増進」「効率・生産性アップ」「コミュニケーション活性化」をサポートし、健康的に働きましょう。
SOHOなどで社員のデスクに シェアオフィスやコワーキングスペースのフリーデスクに

関連ページ

  • 上下昇降デスクで「働き方改革」
  • 電動昇降デスクで社員の健康をサポート
  • 昇降デスクで疲れを軽減
  •