トップページ > ニュースリリース一覧 > HDMIディスプレイ・USBマウス・キーボードを共有できる、多機能パソコン自動切替器を発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2018.11.12】

HDMIディスプレイ・USBマウス・キーボードを共有できる、
多機能パソコン自動切替器を発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、1台のHDMIディスプレイとUSBキーボード・マウスを、2台または4台のパソコンで共有して使うことができる、USB2.0ハブ付き多機能パソコン自動切替器(KVMスイッチ)「SW-KVM2HHC」「SW-KVM4HHC」を、11月中旬発売予定です。

製品品番 標準価格 製品画像
SW-KVM2HHC製品詳細へ (税抜き ¥46,800) 製品画像へ
SW-KVM4HHC製品詳細へ (税抜き ¥62,800) 製品画像へ
品番 標準価格
SW-KVM2HHC (税抜き ¥46,800)
SW-KVM4HHC (税抜き ¥62,800)

「SW-KVM2HHC」「SW-KVM4HHC」は、HDMIディスプレイ対応のパソコン自動切替器です。
複数台のパソコンを、1組のHDMIディスプレイ・USBキーボード・マウスを使って操作できます。ディスプレイ・キーボード・マウスなどをパソコンの台数分揃える必要がないため、省スペース化が図れ、デスク周りをスッキリとまとめられます。Windowsの各バージョンのほか、macOS・Mac OS X の各バージョン、各種Linux OSにも対応しており、異なるOSのパソコン間でも切り替え可能です。そのため、サーバー用パソコンを追加導入する場合や、異なるOSのサブパソコンを使用したい場合などにも最適です。

HDMIの出力解像度は1920×1200ドット(WUXGA)、1920×1080ドット(フルハイビジョン)までに対応しており、映像・動画コンテンツなどもキレイに表示できます。HDCPに対応しており、地デジ番組やブルーレイディスクなどの著作権保護コンテンツも視聴できます。また、パソコンを切り替える際、画面解像度や比率が変わってしまうことがないように、ディスプレイエミュレーション機能も搭載しています。

2ポートUSB 2.0ハブを搭載しており、プリンターなどのUSB機器を接続して、各パソコンで切り替えて共有することができます。また、マイク・スピーカー用のオーディオコネクタも用意されており、音声も同様に共有できます。
パソコンの切り替えは、切替器本体にあるボタンを押して行えるほか、複数のキーを押して切り替えるホットキー切り替えにも対応しています。HDMIディスプレイを接続せず、マウス・キーボードのみを接続した場合でも同様に切り替え可能です。また、パソコンの再起動時に、キーボードとの接続が切断されないようにエミュレーション機能が付いています。
HDMIディスプレイとキーボード・マウス、USBハブ、オーディオは、切り替えボタンの押し方やホットキーにより、それぞれを独立して切り替えることもできます。USBプリンターで印刷中に、別のパソコンへディスプレイ・キーボード・マウスを切り替えることや、音楽再生中のパソコンから作業用パソコンへディスプレイ・キーボード・マウスを切り替えることなどが可能です。
パソコンの接続台数が異なるバリエーションとして、2台用と4台用の2種類をご用意しています。


SW-KVM2HHCの製品画像SW-KVM2HHC           SW-KVM4HHCの製品画像SW-KVM4HHC


広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る