トップページ > ニュースリリース一覧 > USB Type-Cケーブル1本で周辺機器を一括接続できるドッキングステーションを発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2016.06.16】

USB Type-Cケーブル1本で周辺機器を一括接続できるドッキングステーションを発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、USB Type-Cケーブル1本で周辺機器を一括接続できるドッキングステーション「USB-CVDK2」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
USB-CVDK2製品詳細へ (税抜き ¥38,800) 製品画像へ
品番 標準価格
USB-CVDK2 (税抜き ¥38,800)

「USB-CVDK2」は、USB Type-Cケーブル1本で周辺機器を一括接続できるドッキングステーションです。
本製品を使用するとApple MacBookなどのUSB Type-C対応のノートパソコンが、大型ディスプレイやUSBハードディスク、キーボード・マウスなどを簡単に接続できるようになるため、デスクトップパソコンと同様の環境で作業できます。出張や会議のときには、USB Type-Cケーブル1本を取り外すだけで、いつも使用しているノートパソコンをすぐに持ち出せるため、外回り営業や打ち合わせ・会議が多く、席を離れることが多い方におすすめです。

映像出力用のHDMIポートを搭載しており、4K対応ディスプレイ(解像度3840×2160)やフルハイビジョン対応テレビなどへ高画質で出力できます。また、大型ディスプレイをメインの画面として作業できる「ミラーモード」と、ノートパソコンと大型ディスプレイの2画面がつながったデュアルディスプレイ環境にできる「拡張モード」の2種類の表示方法に対応しています。

USB機器接続用のUSBポートが全部で5個あり、前面にUSB Type-Cポートが1個ついておりご使用中のUSB Type-C対応アクセサリをそのまま使用することができます。また、5Gbpsの超高速データ通信が可能なUSB 3.0ポートが2個と、入力機器の接続に向いたUSB 2.0ポートが2個付いており、豊富なUSB機器を便利に活用できます。
有線LAN用のRJ-45ポートはギガビットイーサネットに対応しています。また、接続中のUSB PD対応ノートパソコンには、USB Type-Cポートを通じて電源供給できます。ドライバのインストールは不要で、誰でも簡単にお使いいただけます。

本体サイズは幅171×奥行き75×高さ27mmで、重量は730gです。対応する機種はUSB Type-Cを標準装備しているWindowsまたはMac OS対応パソコンで、Apple MacBook 12インチモデルと、DELL 新しいXPS 13インチモデルやVAIO S11(USB PDには非対応)での動作を確認しています。

広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る

TOPへ戻る
仕様を見る