トップページ > ニュースリリース一覧 > 過電流による火災事故を防止する安全ブレーカー付きの電源タップ2種類を発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2016.01.13】

過電流または漏電による火災事故を予防する、ブレーカー付き電源タップ2種類を発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、過電流または漏電による火災事故を予防する、ブレーカー付き電源タップ「TAP-BR36Aシリーズ」「TAP-BR36Lシリーズ」を発売しました。

製品品番 コード長 標準価格 製品画像
TAP-BR36Aシリーズ製品詳細へ 1m・3m・5m (税抜き ¥9,600)

(税抜き ¥11,600)
製品画像へ
TAP-BR36Lシリーズ製品詳細へ (税抜き ¥13,600)

(税抜き ¥15,600)
製品画像へ
品番・コード長 標準価格
TAP-BR36Aシリーズ1m・3m・5m (税抜き ¥9,600)

(税抜き ¥11,600)
TAP-BR36Lシリーズ1m・3m・5m (税抜き ¥13,600)

(税抜き ¥15,600)

「TAP-BR36Aシリーズ」は、過電流による火災事故を防止する安全ブレーカー付きの電源タップです。
本製品は安全ブレーカーを搭載しており、過電流が観測された場合に自動で電気回路を遮断し、高熱による機器の故障や火災を防ぐことができます。工事の不備やアクシデントによる電気回路の短絡(ショート)、電気機器の使いすぎなどから発生した過電流に対応して重大な事故を未然に防げるため、多数の工作機械を使用する工場内や、多数のパソコン・ディスプレイや周辺機器などを使用するオフィスなどでの使用におすすめです。

「TAP-BR36Lシリーズ」は、漏電・過電流による火災・感電事故を防ぐ漏電・安全ブレーカー付きの電源タップです。
本製品は漏電ブレーカーに加えて安全ブレーカーを搭載しており、漏電または過電流が観測された場合に自動で電気回路を遮断し、火災・感電事故を防ぎます。電気回路内の絶縁体の経年劣化・塩害などによる破損や家電製品の水濡れなどにより発生した漏電に加え、電気回路の短絡(ショート)や電気製品の使いすぎなどから発生した過電流により発生する重大な事故を未然に防げます。そのため、工場のボイラー付近などの湿気がある場所や、医療・介護施設などのお風呂場、オフィスのキッチン・トイレなどの水周りに設置された、洗濯機、冷蔵・冷凍庫、自動販売機などの電気製品用の電源タップとしておすすめです。

両シリーズとも、3極タイプの抜け止め式差込口を採用しており、意図せずプラグが抜けることを防げるので、不意に電源が落ちると問題がある機器などの電源として安心して使用できます。また、3極タイプのプラグを採用しており、常時アース接続が可能です。ブレーカー部分には透明の開閉カバーが付いており、誤動作による事故を防げます。
両シリーズとも3極・6個口の電源タップで、本体サイズは幅429×奥行き44×高さ30mm(ブレーカー部分は61mm)です。

両シリーズとも、電源コードの長さに1m・3m・5mのバリエーションがあり、お好みの長さのものを選べます。

広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る

TOPへ戻る
仕様を見る