トップページ > 製品情報 > 周辺機器 > 切替器・分配器・コンバーター > モニタ切替器 知って得する豆知識

知って得する豆知識:モニタ関連

モニタ関連

Q1
電子式モニタ切替器と機械式モニタ切替器はどう違うの?
A1
機械式切替器の内部構造はスイッチの接点を動かすことでポートを切り替えます。
モニタ信号は非常にノイズに弱く、ケーブル上やコネクタの接点部で場合によっては信号損失が発生してしまい、画質に影響が出る場合があります。電子式モニタ切替器の内部は全て電子回路で設計されており、電子式スイッチのため接点によるノイズの影響がありません。切替器内での信号損失はほぼゼロに等しいのでより高精細な画質を求める場合は電子式モニタがおすすめです。
Q2
表示解像度はどれくらいまで対応できるの?
A2
全回路モニタ切替器の場合、モニタケーブルを延長した場合と同じ状況になりますので、基本的にはどのような解像度でも対応できます。(パソコンとモニタを直結して表示できる解像度であれば基本的には表示できます。)
サンワサプライ製電子式モニタ切替器(SW-EV2/EV4)の場合は対応解像度は1920×1440ドットまで対応できます。
Q3
ケーブル長は全長何mまで対応できますか?
A3
一般的に5m程度であれば画像劣化は起こりませんが、ケーブルの品質や設置環境などで大きく変わりますので保証ができません。
電磁波が多く発生している工場内やグレードの低いモニタケーブルを使用した場合、長さが短くても画像に影響がでる場合があります。切替器内での信号損失はケーブル上での信号損失に比べ非常に少ないので、出来るだけ高品質の複合同軸ケーブルをご使用ください。
Q4
モニタ切替器を使ってモニタに接続したら画質が落ちるのですか?
A4
直接接続に比べると多少は画質が落ちるかもしれませんが切替器が原因による画像劣化はほとんどありません。総ケーブル長が長くなりますのでケーブル上での信号損失が一番大きく、画質に影響します。
切替器をご使用になられる場合は品質のよい複合同軸ケーブルを使用し、できるだけケーブル長を短くしてご利用ください。
質の良いケーブルを使おう!
Q5
モニタのかわりにプロジェクタに出力できますか?
A5
可能です。
プロジェクタでも問題なく出力できます。

ページトップへ

TOPへ戻る
仕様を見る