トップページ > ニュースリリース一覧 > ノートパソコンを安全に保管するための鍵付きセキュリティ収納ボックスを発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2015.11.20】

重要なデータが入ったノートパソコンを安全に保管するための
鍵付きセキュリティ収納ボックスを発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、重要なデータが入ったノートパソコンを安全に保管するための鍵付きセキュリティ収納ボックス「SL-70BOX」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
SL-70BOX製品詳細へ 製品画像へ
品番 標準価格
SL-70BOX

「SL-70BOX」は、重要情報を取り扱うノートパソコンを収納し、盗難や不正使用を防ぐことができるセキュリティボックスです。
フタの正面には施錠するためのシリンダー錠があり、ノートパソコンの盗難や不正使用を防ぎます。フタを閉めるだけで鍵が掛かるオートロック方式なので、鍵の締め忘れを防げます。フタを支えるヒンジには特殊機構を採用、フタがゆっくりと閉まるため、急にフタが落下することによるノートパソコンの破損を防ぎます。また、本製品の正面から見て右側面の中央部分に、フタ施錠用のセキュリティホールがあり、別売りのセキュリティワイヤーや南京錠などを使って二重に鍵を掛けられます。

取っ手付きのスライドテーブルを内蔵しており、ノートパソコンを使用する際は収納したノートパソコンをそのまま引き出して使用することができます。収納ボックスの側面には盗難防止ワイヤーを通す穴があり、背面には盗難防止ワイヤーに加えノートパソコンの電源ケーブルやLANケーブルなどを通すための穴があるので、デスクの脚や柱などにワイヤーを繋ぎながら、電源やLANケーブルを接続したノートパソコンをこのセキュリティボックス内に収納可能です。また、収納ボックス用セキュリティホールが収納ボックス背面に2つと側面に1つ取り付けられており、別売りのセキュリティワイヤーと南京錠を組み合わせて、本製品自体の盗難を防止できます。本製品にはシリンダー錠の鍵が2本付属しています。

マイナンバー制度が制定され、2016年1月1日からは行政手続きにおいて実際に運用開始されることになりました。官公庁はもちろん、民間事業者においても従業員から受け取ったマイナンバーを取り扱うため、特定個人情報を含む重要なデータを扱う場合は、今まで以上にセキュリティの向上を図る必要があります。本製品に加えて別売りの南京錠やワイヤーなどを駆使することで、より厳重な盗難対策ができるため、マイナンバー・特定個人情報などの重要なデータを取り扱うノートパソコン用に、二重・三重の万全なセキュリティをお求めの方に最適です。

サイズは幅500×奥行き410×高さ153mmで、ヒンジなどの突起物を含めたサイズが幅515×奥行き443×高さ172mm、重量は10.6kgです。ノートパソコンを置くためのスペースの有効内寸は幅452×奥行き290×高さ115mmで、このサイズ内に収まるパソコンに対応しています。本製品のサイズにつきましては、特注にて対応も可能です。

広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る

TOPへ戻る
仕様を見る