トップ >

ニュースリリース

【2009年11月19日】

ソーラーチャージャー。
太陽光と携帯電話用AC充電器から蓄電できる。

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、太陽光と携帯電話用のACアダプタで蓄電ができ、携帯電話に取付けられる超小型サイズのソーラーチャージャー「SBT-ST1FSシリーズ」「SBT-ST1AUシリーズ」を2タイプ、各4色発売開始します。

「SBT-ST1FSシリーズ」「SBT-ST1AUシリーズ」は、太陽光と携帯電話用のACアダプタで蓄電ができるソーラーチャージャーです。
太陽光からの蓄電、携帯電話用のACアダプタで蓄電する2通りの蓄電方法があり、携帯電話に約60分間通話可能なエネルギーを充電することができます。ソーラーチャージャーに蓄電をしておけば、携帯電話を使用している際に電池がなくなってしまい電話・メールができないなどの心配がありません。
また、ストラップを付属していますので、携帯電話にストラップとして取付けることができ、持ち運びに便利です。バッテリー保護機能付きで、コネクタの収納が可能です。「SBT-ST1FSシリーズ」はFOMA/SoftBank用、「SBT-ST1AUシリーズ」はau用となっています。カラーバリエーションは、2タイプともにブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの4色をご用意しています。

 
SBT-ST1FSBKの製品画像   SBT-ST1AUWの製品画像   SBT-ST1FSGの製品画像   SBT-ST1AUPの製品画像
<FOMA/SoftBank用>
SBT-ST1FSBK(ブラック)
  <FOMA/SoftBank用>
SBT-ST1FSW(ホワイト)
  <FOMA/SoftBank用>
SBT-ST1FSG(グリーン)
  <FOMA/SoftBank用>
SBT-ST1FSP(ピンク)
<au用>
SBT-ST1AUBK(ブラック)
  <au用>
SBT-ST1AUW(ホワイト)
  <au用>
SBT-ST1AUG(グリーン)
  <au用>
SBT-ST1AUP(ピンク)
 
 
 

携帯電話のストラップに取り付けられる超小型サイズのソーラー充電器。


ストラップソーラーチャージャー(FOMA/SoftBank用) SBT-ST1FSシリーズ

\3,129(税抜き \2,980)

ストラップソーラーチャージャー(au用) SBT-ST1AUシリーズ

\3,129(税抜き \2,980)


携帯電話に取り付けられる超小型サイズです。
太陽光でどこでも蓄電できます。
500回繰り返し使えて環境にやさしいです。
携帯電話に約60分通話可能なエネルギーを充電できます。
太陽光から、あるいは携帯電話用AC充電器からと、蓄電方法が2通りから選べます。
  ※携帯電話機に接続したままの蓄電はおやめください。
携帯電話用AC充電器では最速約120分で蓄電できます。
コネクタは収納することができます。
バッテリー保護機能付きです。
どこでも簡単に充電可能。   携帯電話に取付けられる超小型サイズ。    
 
バッテリー リチウムポリマーバッテリー
バッテリー容量 380mAh/3.7V
バッテリー寿命 約500回前後
入力電圧/電流 DC4.6〜5.6V / 500mA(MAX)
出力電圧/電流 4.75〜5.25V / 350mA
太陽電池発電電流 24mA(100,000Lx)
使用範囲温度 0〜40℃
保護回路機能 過電流、過放電、過充電
材質 本体/ABS、 ストラップ/ゴム、ナイロン、鉄
蓄電時間 太陽光/真夏の晴天下で10〜15時間、携帯電話用AC充電器/約120分
充電時間 約30〜40分
サイズ・重量 W36.5×D19×H38mm・24g
※蓄電:太陽光や携帯電話機用AC充電器などから本製品へエネルギーを蓄積すること。
※充電:本製品から携帯電話へエネルギーを蓄積すること。
 

【お客様からのお問い合わせ】
岡山サプライセンター TEL:086-223-3311
東京サプライセンター TEL:03-5763-0011

【報道関係からのお問い合わせ】
広報担当 北 健治/金高 奈津美
TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123

このページの全画像においてクリックすると、大きなJPEG画像が表示されます。
また、各種サイズJPEG、EPS画像をご希望の方は、 画像データベースシステム をご利用ください。


このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。
仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
価格は税率5%表記になっています。
本ページに記載されている会社名・製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
ニュースリリースへ戻る