トップページ > 製品情報 > ケーブル > HDMIケーブル・アダプタ > HDMIとは

HDMIとは

HDMIとは、「High-Definition Multimedia Interface」の略で、映像・音声・制御信号を1本のケーブルにまとめて送ることができる通信規格のことです。今までは音声・映像信号ごとに色分けされたケーブルが何本か束になったオーディオケーブルを使用していましたが、HDMIでは映像・音声の両方を1本のケーブルで送ることができます。配線がシンプルなため、テレビやパソコン、ゲーム機など様々な機器で使われています。
機器によって異なる種類のコネクタが使われているので、ケーブル購入時にはHDMIコネクタの種類を確認しましょう。
HDMIロゴ

HDMIコネクタの種類について

HDMIには5種類のコネクタが制定されており、一般的に使われているのはHDMIコネクタ、ミニHDMIコネクタ、マイクロHDMIコネクタの3種類です。ここでは各種コネクタの形状と特徴をご紹介します。

■HDMIコネクタ(タイプAコネクタ) 一般的によく見かけるHDMI タイプAコネクタはHDMIコネクタと呼ばれています。テレビやBDレコーダー、ゲーム機、パソコン、プロジェクターなど多くの機器で使われています。 Type-Aコネクタ
■ミニHDMIコネクタ(タイプCコネクタ) ミニHDMIコネクタはHDMI タイプCコネクタとも呼ばれているコネクタです。タイプAよりも小さいサイズのコネクタで、主に小型の機器で使用されており、ビデオカメラやノートパソコンなどで使用されています。 Type-Cコネクタ
■マイクロHDMIコネクタ(タイプDコネクタ) マイクロHDMIコネクタはミニHDMIコネクタよりもさらに小さいコネクタで、HDMI タイプDコネクタとも呼ばれています。スマートフォンやタブレット、デジタルカメラなどで使用されています。 Type-Dコネクタ
■HDMI(タイプEコネクタ) HDMI タイプEコネクタは自動車に搭載されているHDMIコネクタです。車の振動でコネクタが抜けないように、ラッチ機構があるのが特徴です。
純正のカーナビなどで使用されていることがあります。
Type-Eコネクタ
■HDMI(タイプBコネクタ) HDMI タイプBコネクタは、DVIケーブルのデュアルリンクという、4K画質の映像信号に対応する種類のために用意されたコネクタです。
タイプAコネクタが4Kを超える映像信号に対応するようになったため、現在は使用されていません。
Type-Bコネクタ

HDMIのバージョンとスピードについて

HDMIケーブルにはウルトラハイスピード、プレミアムハイスピード、ハイスピード、スタンダードの4種類があります。

バージョン 主な解像度 機能 伝送速度 カテゴリ
ウルトラハイスピード
(HDMI 2.1)
8k/60Hz(7680 x 4320)
4K/120Hz(3840×2160または、4096×2160)
4K/60Hz(3840×2160または、4096×2160)
1440p(2560×1440)
1080p(1920×1080)
720p(1280×720)
8K/60Hz対応
4K/144Hz対応
48Gbps 3
プレミアムハイスピード
(HDMI 2.0)
8K/30Hz(Y'CbCrが4:2:2もしくは4:2:0の場合)
4K/60Hz(3840×2160または、4096×2160)
1440p(2560×1440)
1080p(1920×1080)
720p(1280×720)
4K/60Hz対応
HDR対応
18Gbps 2
ハイスピード
(HDMI 1.3〜1.4)
4K/30Hz(3840×2160または、4096×2160)
1440p(2560×1440)
1080p(1920×1080)
720p(1280×720)
高解像度
3D対応(1.4)
4K/30Hz対応(1.4)
10.2Gbps 2
スタンダード
(HDMI 1.2以前)
1080i(1920×1080)
720p(1280×720)
- 4.95Gbps 1

これまでにHDMIケーブルは規格のバージョンアップを繰り返しており、バージョンによって対応する解像度や機能、伝送速度などが異なります。
コネクタの形状はどのバージョンでも同じなので、バージョンが違っていても機器への接続自体は可能です。ただし、機能や性能は低いバージョンのものに制限されてしまうので、古いHDMIケーブルを最新の機器に接続するとうまく映像が出力されないことがあります。HDMIケーブルを選ぶときは、機器とケーブルのバージョンが合っているかなどをしっかり確認し、適切なケーブルを選ぶようにしましょう。
※現在、HDMI規格のバージョン番号表記は廃止されています。

長距離で使用する際の注意点

HDMIケーブルは長さが長くなるほど信号の減衰によるエラーが生じやすくなり、5mを超えるとノイズが起きたり映像がうつりにくくなる場合があります。
長いHDMIケーブルを使用したいときは、IC(映像調節用イコライザ)を内蔵している長尺ケーブルを使いましょう。
信号強度を調整できるため、5m以上の長距離でも安定した信号を伝送することができ、離れた機器同士をケーブル1本で接続できます。

5m以上の長距離でも信号が安定!
TOPへ戻る
仕様を見る