先輩インタビュー

  • 企画開発部
  • T.H
企画開発部 先輩インタビュー
お仕事の内容と心がけていることを教えてください。
企画開発部の仕事写真1
製品の企画・開発をしています。新しい技術やアイデアを製品に活かし、コンピュータ環境をより快適なものにすることが使命だと考えています。よい製品を作るためには発売までの綿密な情報収集と発売のタイミングが重要ですね。タイミングを逃せば、せっかくの新しい技術もあっという間に古いものになってしまいますから。市場リサーチも大切な仕事ですね。製品開発は、「こんなのあったらいいな」をカタチにすることから始まるのですが、市場に受け入れられなければ製品として成り立たたないので、社内外の意見を幅広く取り入れて十分に検討するよう心がけています。
情報はどのようなところから得るのですか?
企画開発部の仕事写真2
まず、ユーザーや販売店からの声に耳を傾けるようにしています。お客様の声というのは、次の製品開発に大いに役立ちますから。PC・周辺機器メーカーに足を運んで専門的な意見をいただくこともあれば、販売店舗に行って、店頭応援で一般ユーザーの方から生の声を伺うこともあります。また、発信源が海外だとわかれば、積極的に海外の展示会にも足を運びます。情報は鮮度が大切だと思っています。
進化の速い業界で気を配っていることは?
企画開発部の仕事写真3
スピードですね。とにかく最短で発売するにはどうしたらいいのか常に考えています。生産の打ち合わせのために海外の工場に飛んでいくこともよくありますよ。現場で実際に自分の目で確認して指示をします。電話やメールの方が早いと思うかもしれませんが、生産現場で的確に指示をすることで製品に対するお互いの理解も深まりますし、ミスを未然に防ぐこともできるのです。
あとは、失敗を恐れない気持ちを忘れないようにしています。新しい製品が当たるかどうかは、実際売ってみないとわからないものです。慎重になりすぎて発売のタイミングを逃せば、ヒット商品にはなりません。たとえ失敗しても次の製品開発に活かせばいい、そう考えています。
モノづくりへの思いを教えてください。
企画開発部の仕事写真4
「まずは使ってみる」、これですね。自社製品、他社製品に限らずいろいろなモノを使ってみる。そのなかからアイデアは生まれてきます。お客様に手元に置いてもらう以上は、より格好良いデザインで使い心地の良いモノでなければなりません。製品になるまでには、試行錯誤の繰り返しですが、上司の意見を聞き、部署間でのコミュニケーションを積極的に取りながら、モノづくりに対する熱い議論を交わしています。結果、自分が作った製品が売れれば、もうこれに勝る幸せはありません。
サンワサプライのいい点を教えてください。
私はまだ若手ですが、たくさんの製品を担当させてもらっています。担当になった以上、いろいろな問題を解決しなければいけません。 大変ですが、自分の意見や主張を信用してもらい、最後まで任せてもらっています。また、困ったときは上司や先輩からすぐにアドバイスがもらえるので、安心して仕事ができます。 やる気さえあればいくらでも自分の活躍の場があるところが、サンワサプライのいいところだと思います。

その他の先輩たち

  • 営業営業
  • 営業営業
  • 営業アシスタント営業アシスタント
  • 営業アシスタント営業アシスタント
  • 企画開発企画開発
  • 販売促進販売促進
  • WebマーケティングWebマーケティング
  • 総務総務
  • 情報システム情報システム
  • 仕入仕入