トップページ > 会社情報 > 開発体制

会社情報

English  中文

会社情報

開発体制

「今、必要とされるもの」を超え、「明日、欲しくなるもの」を考えること。

たった今、得た情報が瞬時に古くなるほど、進化の早いコンピュータサプライ業界では、続々と新しいニーズが生み出されています。
多種多様なニーズを素早く対応しなければならないサプライ用品の開発は、過去のデータを集め他社のモノマネだけでは到底成し遂げることはできません。 これからのニーズを掴み取る先進性と柔軟性、あらゆる状況に対応できる軽快なフットワークが必要不可欠と言えます。

これまでサンワサプライは他社に先駆けたオリジナル製品を次々に開発・提案することで発展してまいりました。
国内はもとより、西欧諸国の市場ニーズや最新動向を調査・把握し、社内独自の製品開発体制の下に約8,000アイテムのオリジナル製品群を市場に送り出しています。

今では使う人とコンピュータをつなぐ製品だけでなく、人と人を取り巻く環境にも配慮した製品や様々な立場の人が快適に使用できる製品なども数多く開発しております。 これからはモノづくりを越えて、より新しいサービスをつくることも開発の一環であると考えております。

今まで関係がないとされていた分野や市場を新発想でつなぐ事で、次なる製品を生み出し、新しいビジネスチャンスをつくる。
それがサンワサプライの開発体制であり、姿勢なのです。

▲ページの最初へ戻る