トップ > 製品情報 > 入力機器 > トラックボール > ワイヤレストラックボール > MA-WTB43S

指の動きとカーソル速度が連動するカウント自動調整機能、レーザーセンサー搭載6ボタンワイヤレストラックボール。シルバー。

MA-WTB43S / ワイヤレスレーザートラックボール(シルバー)

画像を拡大

MA-WTB43Sの画像を表示しています。

ワイヤレスレーザートラックボール(シルバー)

製品品番

MA-WTB43S 廃止

JANコード 4969887692011
標準価格 (税抜き \6,800)
  • お問い合わせ
  • 取扱・組立説明書
  • Q&A
メイン
特長
特長
特長
特長
特長
仕様
仕様
仕様
パッケージ

動画製品紹介動画

製品詳細

特長特長

  • ボールの動きに合わせてカーソル速度が変わります。カウント数は400/800/1200/1600の4種類に切り替えられ、好みのカーソル速度でボール操作を行なえます。カウント数を800/1200/1600の数値に設定した場合、ボールを動かす速度を遅くすれば、ボールの動きに合わせてカウント数を自動で調節し、カーソル速度が遅くなり細かいマウス操作が可能になります。パソコン側でカーソル速度を設定しなくても思い通りの動きが可能になります。
  • より正確なボールコントロールを可能にする、レーザーセンサーを採用しています。
  • 机上に限らず膝の上やソファの肘置きなど様々な場所で使うことができるワイヤレスです。電波障害に強い2.4GHzデジタル帯で、通信範囲が半径10mの広範囲で安定したデータ通信が可能です。(電波干渉がない場合)
  • WEB閲覧に便利な戻る・進むボタン付きです。
  • 親指で動かしやすい丁度いい34mm中型サイズのボールを採用しています。
  • 5本の指を伸ばした状態で軽く添えるだけで使えるエルゴノミクス形状なので、リラックスした状態でトラックボール操作ができます。
  • 単三乾電池1本で約8ヶ月間使うことができます。
  • 本体裏面に電源ON・OFFスイッチが付いているので、未使用時の電池消耗を抑えます。
  • RoHS指令に対応した製品です。

仕様仕様

カラー シルバー
インターフェース USB HID仕様バージョン1.1準拠
※USB3.1/3.0/2.0インターフェースでも使用できます。
コネクタ形状 USBコネクタ(Aタイプ)
ワイヤレス方式 2.4GHz RF電波方式
※マウスとレシーバー間のIDは固定です。
通信範囲 木製机(非磁性体)/半径約10m
スチール机(磁性体)/半径約2m
※使用環境によって異なります。
分解能 1600・1200・800・400カウント/インチ
読み取り方式 レーザーセンサー方式
ボタン 2ボタン、2サイドボタン、カウント切り替えボタン、ホイール(スクロール)ボタン
電池性能 連続作動時間/約500時間
連続待機時間/約40000時間
使用可能日数/約8ヶ月間
※一日8時間パソコンを使用中に、トラックボール操作を2時間程度行う場合。(アルカリ単三乾電池使用時)
※サンワサプライ社内テスト値であり、保証値ではありません。
サイズ 本体/W95×D126.5×H44mm
レシーバー/W15×D18×H5mm
重量 本体/140g(電池含まず)
レシーバー/2g
付属品 レシーバー、単三乾電池(テスト用)×1本、取扱説明書

対応機種対応機種

対応機種 Windows搭載(DOS/V)パソコン
Apple Macシリーズ
※Apple Macシリーズでは、戻る・進むボタンは使用できません。
※USBポート(Aコネクタ)を持つ機種。
対応OS Windows 10・8.1・8(64bit/32bit)・7(64bit/32bit)・Vista・XP・2000、Windows RT
macOS 10.12〜10.13、Mac OS X 10.2〜10.11
※Mac OS X(10.3以降)は、標準インストールされているSafari、Mail、テキストエディット、及びFinderなど、OS標準ドライバでスクロール可能なアプリケーションでのみスクロール可能です。またホイールボタン押し下げによる動作はサポートしません。
※機種により対応できないものもあります。
※この文章中に表記されているその他すべての製品名などは、それぞれのメーカーの登録商標、商標です。
確認済の対応表はこちら
この製品の画像をダウンロード

よくある質問よくある質問(Q&A)

USB 3.0の周辺機器と2.4GHzの周辺機器を同時に使用すると、適切に動作しない

2018/05/28

2.4 GHzのワイヤレス周辺機器を、USB 3.0の周辺機器が接続されたパソコンで使用すると、干渉によって動作が不安定になる場合があります。 特にUSBメモリやハードディスクドライブなどを接続する
続きを読む


TOPへ戻る
仕様を見る