トップ > 製品情報 > 入力機器 > マウス > 有線マウス > MA-120HBSシリーズ > MA-120HBS

シリコン製だから汚れたら洗える。抗菌で清潔な光学式防水マウス。ブラック。

MA-120HBS / 防水マウス(ブラック)

画像を拡大

MA-120HBSの画像を表示しています。

防水マウス(ブラック)

製品品番

MA-120HBS 廃止

JANコード 4969887668559
標準価格 (税抜き \3,980)
  • お問い合わせ
  • 取扱・組立説明書
  • Q&A
メイン
特長
特長
特長
特長
特長
特長
特長
特長
仕様
パッケージ

製品詳細

特長特長

  • IP68を取得しており、汚れたら水洗い可能で、かつ水分や湿気、ホコリが多いところでも使用できます。
  • 抗菌加工を施していますので、雑菌の繁殖を抑制します。
  • 光学センサーが動きを読み取ってくれるから、正確で自然な動きを実現、使うシーンを選びません。ボールがないから可動部にゴミやホコリが付きにくく、クリーニングも不要です。
  • Windows標準ドライバでスクロール機能もそのまま使えるから、面倒なソフトのインストールが不要です。
    初心者の方にも手間なし簡単接続可能です。
  • 手首一振りで画面の端までカーソル移動が可能な800カウント高分解能で、エクセルなどの表計算も快適になります。
  • 中型サイズの対称形デザインで、右手操作でも左手操作でも手になじみ、快適操作が行えます。

    <ご注意>
    ※USBコネクタの部分は防水性能はありません。
    ※裏面のセンサー部分は水に濡れたまま使用すると、乱反射を起こしカーソルが誤反応を起こす可能性があります。センサー部分が濡れた場合は、よくふき取り、完全に乾かしてから使用してください。
    ※本製品はIP68を取得しておりますが、ホコリや水分による故障を完全に保障するものではありません。故意に長時間液体に浸けたり、汚したりしないでください。

仕様仕様

カラー ブラック
インターフェース USB HID仕様バージョン1.1準拠
※USB3.0/2.0インターフェースでも使用できます。
コネクタ形状 USBコネクタ(Aタイプ)
分解能 800カウント/インチ
読み取り方式 光学センサー方式
ボタン 2ボタン、3スクロールボタン
サイズ W58×D106×H37mm
重量 123g
素材 シリコン
ケーブル長 1.4m
付属品 取扱説明書

対応機種対応機種

対応機種 Windows搭載(DOS/V)パソコン、NEC PC98-NXシリーズ、Apple Macシリーズ
※標準でUSBポート(Aタイプコネクタ)を持つ機種。
確認済の対応表はこちら
・ Surface RT
対応OS Windows 10・8.1・8(64bit/32bit)・7(64bit/32bit)・Vista・XP・2000・Me・98SE・98、Windows RT、Mac OS X(10.2以降)
※Mac OS X(10.3以降)は、標準インストールされているSafari、Mail、テキストエディット、及びFinderなど、OS標準ドライバでスクロール可能なアプリケーションでのみスクロール可能です。スクロールボタンによる動作はサポートしません。
※機種により対応できないものもあります。
※この文章中に表記されているその他すべての製品名などは、それぞれのメーカーの登録商標、商標です。
※マウス検索はこちら→(リンク)
確認済の対応表はこちら
この製品の画像をダウンロード

よくある質問よくある質問(Q&A)

マウスカーソルが飛ぶ。思うように動かない。

2008/12/19

一部のノートパソコンでは内蔵のポインティングデバイスを使わない設定にしないと正常に動作しません。 またボール式マウスの場合にはマウスのボール・ローラ部分にゴミやホコリが付着してないか確認して下さ
続きを読む

ホイールの動作が上下逆になる。

2002/03/20

他のマウスドライバあるいはタッチパッド用のユーティリティとの競合が考えられます。 アンインストールを行ってください。
続きを読む

Internet Explorerでスクロールが遅い。

2001/10/17

(1)Internet Explorerを起動してください。 (2)「ツール」→「インターネットオプション」を開いてください。 (3)「詳細設定」タブをクリックし、「ブラウズ」の「スムーズ
続きを読む

東芝製ノートパソコンでスクロールがうまく動作しない。

1999/11/30

次の手順に従って設定してみてください。 1.まずマウスを外す。続いて「デバイスマネージャ」→「マウス」→「アキュポイント」のプロパティを開き、「ドライバの更新」をクリック。ハードウェアウィザード
続きを読む


TOPへ戻る
仕様を見る