トップ > 製品情報 > 入力機器 > ゲームコントローラー > コンバータ > JY-PSUADR1

プレイステーション、プレイステーション2用のコントローラーをパソコンで使えるようにするUSBコンバーター。1プレイ用。高機能版。

JY-PSUADR1 / USBゲームパッドコンバータ

画像を拡大

JY-PSUADR1の画像を表示しています。

USBゲームパッドコンバータ

製品品番

JY-PSUADR1 廃止

JANコード 4969887571989
標準価格 (税抜き \1,980)
  • お問い合わせ
  • 取扱・組立説明書
  • Q&A
メイン
特長
パッケージ

製品詳細

特長特長

  • プレイステーション、プレイステーション2用ゲームパッドがUSBゲームパッド(パソコン用)として使用可能です。
  • デュアルショック、デュアルショック2など振動機能付きコントローラーに対応しています。(ガンコントローラー、ハンドルコントローラーなど特殊なコントローラーには対応しておりません。)
    ※付属のドライバのインストールが必要です。
  • 従来のコンバータとは違い、USBゲームパッドとしての使用に最適なボタン配置が可能です。
  • 各ボタン55回/秒入力可能な余裕の高レスポンスです。方向キー、各ボタン共に1秒間に55回の入力に耐えられます。USB変換機としては最高水準のレスポンスで、格闘ゲームのコマンドもスムーズに入力できます。
    ※格闘ゲームのコマンド入力を完成させるには、適度な練習が必要です。
    ※レスポンスの数値は、Intel Core i7 Windows 7(32bit)の環境で計測。
  • キーボードエミューレーション機能対応です。
    ゲームパッドに対応していないゲームで、キーボードのキーを、ゲームコントローラに割り当てることができます。
  • ボタン割り当て変更機能対応です。
    お好みの配置にボタンを入れ替えることができます。
  • マクロ機能対応です。
    連続した動作をマクロに登録できます。定型コマンド入力などに威力を発揮します。キーボードとゲームパッドのキーを混在して登録可能です。

仕様仕様

サイズ W44.5×D62.5×18mm
重量 42g
ケーブル長 約0.5m
インターフェース USB(Aタイプコネクタ)※USB2.0にも対応、プレイステーション・プレイステーション2用ゲームポート
付属品 ドライバソフト(Windows用CD)
パッケージサイズ W175×D20×H200mm

対応機種対応機種

対応機種 Windows搭載(DOS/V)パソコン
※Macには対応しておりません。
※USBポートを持つ機種であること。
対応OS Windows 7(32bitのみ)・Vista(32bitのみ)
※64bit版には非対応です。
Windows XP・Me・2000・98SE・98
※DirectX8.0以降がインストールされている必要があります。
※Windows 95では動作しません。
※本製品は株式会社ソニー・コンピュータテインメントの許諾を受けておりません。
※記載されている商品名は各社の商標及び登録商標です。
※USB ゲームパッドコンバータ対応表はこちら
(リンク)

よくある質問よくある質問(Q&A)

設定がうまく反映されない。

2009/08/06

他の同様なゲームパッドユーティリティがインストールされていないかごか確認ください。 例えば弊社製ハンゲームパッドJY-P-HGシリーズに付属するユーティリティなどとは同時に使用できません。 ア
続きを読む

USBゲームパッドにおいて、ゲーム上で反応しないボタンがある。

2009/04/07

USBゲームパッドの動作確認をお試し下さい。 「コントロールパネル」→「ゲームコントローラ」→「プロパティ」のテスト画面にて、各ボタンが正常動作するか否かの確認ができます。 上記にて正常に動作する
続きを読む

ボタン割り当てができない。

2007/10/26

以下の内容をご確認ください。 <OL><LI>ゲームソフトが「ゲームコントローラ対応」かどうか<LI>1.で対応していれば、「<A href="/
続きを読む

キーボードのいずれかのキーを割り当てて使用したい。

2002/03/20

残念ながらキー割り当ての機能は持っておりません。 弊社JY-P71シリーズ・JY-PSLUでしたら対応しております。
続きを読む

コンピュータにインストールされているDirectXのバージョンを知りたい。

2001/03/15

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」 「名前」に「dxdiag」と入力して「OK」をクリックしてください。 〓<DIRECTX1.JPG>〓 以下のようにバージョン等を
続きを読む


TOPへ戻る
仕様を見る