トップ > 製品情報 >

SLE-4L、SLE-10L、SLE-11LN、SLE-4LN、SLE-5L、SLE-9Lの製品比較

  • 品番

  • キャプション

  • 画像

  • 価格

  • 特長アイコン

  • 仕様

  • 特長

  • SLE-4L [廃止] 

  • 自由に暗証No.を設定できるダイヤル式錠(大)

  • SLE-4Lの製品画像

  • ¥825 (税込)

  • 【外寸サイズ】W31×D15.3×H63mm 【U字型金具太さ】直径4.7mm 【U字型金具内寸】W14.4×H20.6mm 【暗証番号】3桁 【※本製品はパソコンなどの盗難やデータの抜き取りを予防するもので、万一発生した盗難・事故などによる被害・損失については保証しかねます。ご了承ください。

  • ●自由に暗証No.を設定できるダイヤル式です。 <錠のダイヤルセット方法> ダイヤルの開錠番号は任意の番号に設定できます。(出荷時000) 1.ダイヤルを出荷時の000にした後、U字型金具を引き上げます。(図1) 2.U字型金具を真上から見て反時計回りに90°回します。(図2) 3.U字型金具を中に押し込んだままダイヤルを回して、お好きな番号にします。 4.U字型金具を元の位置に戻し、穴に差し込みます。 5.ダイヤルを回せばロックは完了です。 (ダイヤルは必ず3個とも回してください) ※暗証番号を忘れてしまった場合は全ての番号試すか、金具を切断する以外開錠はできません。メモなど残すよう、お願いします。

  • SLE-10L [廃止方向] 

  • 4桁の暗証番号、別売のマスターキーで開錠&暗証番号リセットも可能。

  • SLE-10Lの製品画像

  • ¥3,608 (税込)

  • 【サイズ】 外寸/W36.5×D68.2×H16mm 内寸/W17×H22mm U字金具太さ/直径3.8mm 【※本製品はパソコンなどの盗難やデータの抜き取りを予防するもので、万一発生した盗難・事故などによる被害・損失については保証しかねます。ご了承ください。

  • ●ダイヤルの暗証番号は任意の番号(4桁)に設定できます。設定した番号にすれば、何度でも番号は再設定できます。 ※暗証番号を忘れてしまった場合は全ての番号を試すか、金具を切断する以外開錠はできません。メモなどを残すよう、お願いします。 ●また、マスターキー(別売)を使用しても開錠することができます。マスターキーを差したままにしてダイヤルを回せば、設定した暗証番号で止まるので、番号を忘れたときも安心です。 ※マスターキーについては、別売により管理者の確認をいたします。別途ご相談ください。

  • SLE-11LN 

  • 巻き取りケーブルタイプのダイヤル錠。ワイヤーは1.8mロングタイプ。4桁の暗証番号でロック可能。

  • SLE-11LNの製品画像

  • ¥2,222 (税込)

  • 【サイズ】 W63×D24×H93.6mm(突起部除く) W67.8×D24×H102.3mm(突起部含む) 【ケーブル長】1.8m 【ケーブル直径】約2mm 【ケーブルヘッド直径】6.3mm 【材質】本体/ABS樹脂 ワイヤー/中はステンレス、外はPVC 【※本製品はパソコンなどの盗難やデータの抜き取りを予防するもので、万一発生した盗難・事故などによる被害・損失については保証しかねます。ご了承ください。

  • ●ワイヤーが約1.8m伸ばせる巻き取り式ダイヤル錠です。 ●暗証番号を4桁で設定できます。 ●設定した暗証番号にすれば、何度でも再設定できます。 ●ワイヤーを柱などに巻き付けてカバンなどを盗難から守ります。 ●SLE-14P(別売)と組み合わせれば、パソコン用セキュリティにもなります。 ||<ロック方法> 1.ダイヤルをロック解除番号(初期設定「0000」)に合わせます。 2.ケーブルトリガを押したまま、希望の長さになるまでケーブルを引き出します。 3.ケーブルヘッドをロッキングポートに差し込んでから、ダイヤルを適当に回します。 <ロック解除方法> 1.ダイヤルをロック解除番号に合わせます。 2.リリースボタンを押して、ケーブルヘッドを外します。 3.ケーブルトリガを押したまま、ケーブルを収納します。 ※ケーブルはバネで戻ります。バネが戻る際に、けがをしないように注意してください。 <ロック解除番号の設定方法> 1.ダイヤルを「0000」に合わせます。 2.リセットボタンを押したまま、ケーブルヘッドを押し込みます。 3.ダイヤルを希望の番号に合わせます。 4.ケーブルトリガを押して、ケーブルヘッドを引き出します。 ※設定したロック解除番号にすれば、何度でも変更が可能です。 <ご注意> 解除番号を忘れてしまった場合は、全ての番号を試すか、ワイヤーを切断する以外、開錠はできません。メモなどを残すようお願いします。

  • SLE-4LN 

  • eセキュリティ用ダイヤル錠・大。

  • SLE-4LNの製品画像

  • ¥924 (税込)

  • 【サイズ】外寸/W31×D15.3×H63mm U字型金具太さ/4.7mm U字型金具内寸/W14.4×H20.6mm 【暗証番号】3桁 【※本製品はパソコンなどの盗難やデータの抜き取りを予防するもので、万一発生した盗難・事故などによる被害・損失については保証しかねます。ご了承ください。

  • ●取り付け部品、またはワイヤーに接続するダイヤル錠です。 <錠のダイヤルセット方法> ダイヤルの開錠番号は任意の番号に設定できます。(出荷時000) 1.ダイヤルを出荷時の000にした後、U字型金具を引き上げます。(図1) 2.U字型金具を真上から見て反時計回りに90°回します。(図2) 3.U字型金具を中に押し込んだままダイヤルを回して、お好きな番号にします。 4.U字型金具を元の位置に戻し、穴に差し込みます。 5.ダイヤルを回せばロックは完了です。 (ダイヤルは必ず3個とも回してください) ※暗証番号を忘れてしまった場合は全ての番号試すか、金具を切断する以外開錠はできません。メモなど残すよう、お願いします。

  • SLE-5L 

  • 自由に暗証No.を設定できるダイヤル式錠(小)

  • SLE-5Lの製品画像

  • ¥858 (税込)

  • 【外寸サイズ】W26×D14×H62.2mm 【重量】40g 【U字型金具太さ】直径3mm 【U字型金具内寸】W9×H20mm 【暗証番号】4桁 【セキュリティSL型番】SL-82、SL-84、SL-58、SL-60 【材質】U字金具材質/カーボンスチール 表面処理/ニッケルメッキ 本体の材質/亜鉛合金 【※本製品はパソコンなどの盗難やデータの抜き取りを予防するもので、万一発生した盗難・事故などによる被害・損失については保証しかねます。ご了承ください。

  • ●自由に暗証No.を設定できるダイヤル式です。 <錠のダイヤルセット方法> ダイヤルの開錠番号は任意の番号に設定できます。(出荷時0000) 1.ダイヤルを出荷時の0000にした後、U字型金具を引き上げます。 2.U字型金具を真上から見て反時計回りに90°回します。 3.U字型金具を中に押し込んだままダイヤルを回して、お好きな番号にします。 4.U字型金具を元の位置に戻し、穴に差し込みます。 5.ダイヤルを回せばロックは完了です。 (ダイヤルは必ず4個とも回してください) ※暗証番号を忘れてしまった場合は全ての番号試すか、金具を切断する以外開錠はできません。メモなど残すよう、お願いします。

  • SLE-9L 

  • 3桁の暗証番号に加え、マスターキー(別売)でも開錠できるダイヤル錠。

  • SLE-9Lの製品画像

  • ¥1,518 (税込)

  • 【外寸サイズ】W31.45×D57×H15mm 【U字型金具太さ】直径3.0mm 【U字型金具内寸】W13×H20.5mm 【暗証番号】3桁 【※本製品はパソコンなどの盗難やデータの抜き取りを予防するもので、万一発生した盗難・事故などによる被害・損失については保証しかねます。ご了承ください。

  • ●暗証番号に加えて、マスターキー(別売)でも開錠できます。 ※マスターキーは別売により管理者の確認をいたします。別途ご相談ください。 ※別売りのマスターキーを挿しても、設定した暗証番号は分かりません。 ||●3桁の暗証番号は、お好きな番号に設定可能です。 <錠のダイヤルセット方法> ダイヤルの開錠番号は任意の番号に設定できます。(出荷時000) 1.ダイヤルを出荷時の000にした後、U字型金具を引き上げます。 2.U字型金具を真上から見て反時計回りに90°回します。 3.U字型金具を中に押し込んだままダイヤルを回して、お好きな番号にします。 4.U字型金具を元の位置に戻し、穴に差し込みます。 5.ダイヤルを回せばロックは完了です。 (ダイヤルは必ず3個とも回してください) ※暗証番号を忘れてしまった場合は全ての番号を試すか、金具を切断する以外開錠はできません。メモなどを残すよう、お願いします。


TOPへ戻る
ご意見・ご要望
仕様を見る
メルマガ登録

メールアドレス