トップページ > ニュースリリース一覧 > ディスプレイを支柱へ取り付けられる高耐荷重モニターアームを発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2018.11.21】

ディスプレイを支柱へ取り付けられる高耐荷重モニターアームを発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、薄型テレビ・ディスプレイをメタルラックやワイヤーシェルフなどの支柱へ取り付けられる高耐荷重のモニターアーム「CR-LA357」「CR-LA358」「CR-LA359」「CR-LA360」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
CR-LA357製品詳細へ (税抜き ¥7,800) 製品画像へ
CR-LA358製品詳細へ (税抜き ¥10,800) 製品画像へ
CR-LA359製品詳細へ (税抜き ¥7,800) 製品画像へ
CR-LA360製品詳細へ (税抜き ¥10,800) 製品画像へ
品番 標準価格
CR-LA357 (税抜き ¥7,800)
CR-LA358 (税抜き ¥10,800)
CR-LA359 (税抜き ¥7,800)
CR-LA360 (税抜き ¥10,800)

「CR-LA357」「CR-LA358」「CR-LA359」「CR-LA360」は、32インチまでのディスプレイを取り付けられるモニターアームです。
丸パイプや角パイプの支柱へ32インチまでのテレビ・ディスプレイを固定できるため、メタルラックやワイヤーシェルフなどをパソコンラックとして使用できます。スタンドを使用しなくてもディスプレイを設置できるため、ラック内での省スペース化も図れます。
支柱への取り付け金具は、25〜40cmまたは40〜60cmサイズの丸パイプ・角パイプに対応しており、様々な種類のラックに設置できます。金具は回転させられるため、縦向きだけでなく横向きのパイプに設置することもできます。ディスプレイマウント側の金具は75×75mmと100×100mmのVESA規格に対応しています。

長さや仕様が異なる2種類のアームのそれぞれに、対応するパイプのサイズが異なる2タイプを用意しています。
アームが短い1関節タイプの耐荷重量は20kgまでで、通常のディスプレイより重い業務用ディスプレイなどにも対応しており、デジタルサイネージ用途などにも使用できます。左右180度まで首を振ることができ、見やすい角度に設定可能です。
アームが長い3関節タイプは取り付け後のディスプレイの向きや位置を自由に調整できる水平多関節タイプなので、眼とディスプレイとの距離調整などがしやすくなっています。耐荷重は15kgまでで、薄型テレビなども取り付けられます。


CR-LA357の製品画像CR-LA357           CR-LA358の製品画像CR-LA358           CR-LA359の製品画像CR-LA359           CR-LA360の製品画像CR-LA360


広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る