トップページ > ニュースリリース一覧 > キータッチ音を従来の3分の1に減少させた静音キーボード2種類を発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2015.07.28】

キータッチ音を従来の3分の1に減少させた静音キーボード2種類を発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、キータッチ音を従来の3分の1に減少させた、静音キーボード「SKB-SL19BK」「SKB-SL20BK」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
SKB-SL19BK製品詳細へ (税抜き ¥4,900) 製品画像へ
SKB-SL20BK製品詳細へ (税抜き ¥4,700) 製品画像へ
品番 標準価格
SKB-SL19BK (税抜き ¥4,900)
SKB-SL20BK (税抜き ¥4,700)

「SKB-SL19BK」「SKB-SL20BK」は、キータッチ音を従来の3分の1に減少させた静音キーボードです。
キー入力スイッチのパンタグラフ機構部分に特殊なグリスを注入することで静粛性を高めることに成功しました。キー入力時の音は従来のパンタグラフキーボードと比べて3分の1に減少しています。(音響パワー換算・当社比)
余分な空間を極限まで減らした超コンパクト&スリムデザインのキーボードです。超コンパクトサイズのキーボードでありながら、キーピッチは余裕の19mmタイプで、しかもフルサイズキーボードと同様の日本語109A配列を採用しています。手が窮屈にならず自然なキータッチで入力できます。
キーボードはスリムな形状で、しかも立った状態で収納できるから、机上を有効に活用できます。キーボードは軽い傾斜付きで、キータッチが自然に行える手首に優しいデザインです。背面には2段階で調整できるスタンド付きで、好みに合わせて角度を変更できます。ケーブルの引き出し口を左右中央の3ヵ所に固定できます。
インターフェースはUSB Aタイプコネクタ、キースイッチはノートパソコンと同様のパンタグラフタイプで、軽めのキータッチで快適に入力できます。

「SKB-SL19BK」は計算時に便利なテンキー付きタイプです。サイズは幅345×奥行き115×高さ19mmで、重量は300gです。ケーブル長は1.5mです。
「SKB-SL20BK」は更にコンパクトサイズのテンキーなしタイプです。サイズは幅293×奥行き115×高さ19mmで、重量は260gです。ケーブル長は1.5mです。
用途、環境に応じたキーボードをお選びいただけます。

本製品は静かなキータッチを実現した静音タイプのキーボードで、深夜、周囲に迷惑を掛けずにパソコン操作を行いたい方や、静謐な公共施設内に設置するパソコン向けにおすすめです。

SKB-SL19BKSKB-SL19BK                    SKB-SL20BKSKB-SL20BK

広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る

TOPへ戻る
仕様を見る