トップ >

【2009年4月3日】

100m先まで照射できる、艶やかなステンレスボディのレーザーポインターを発売

コンピュータのサプライ品および周辺機器の開発・卸売りの大手、サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長:山田哲也)は、プレゼンの必須アイテム、100m先まで照射できるレーザーポインター「LP-ST300S」を発売開始しました。希望小売価格は3,990円(税込)。

指や指し棒で指すことのできない高い位置やデリケートな液晶画面でも、傷付けることなくポイント照射できるレーザーポインターは、プレゼンテーションの必須アイテムと言われます。今回発売の「LP-ST300S」は約100m先((財)日本品質保証機構(JQA)認証)まで照射できるので、大会議室でも安心して使えます。また、説明中にパソコンを離れているときでも、パソコンの場所まで戻る必要がなく、その場で素早く画面上を指すことができます。一般的にプレゼンテーションの現場の多くは、部屋の電気を消しプロジェクターを併用してパソコンの画面をスクリーンに映しながら説明をするというスタイルを取っているため、手元が暗くなりがちですが、「LP-ST300S」は照射確認LEDを搭載しているので、照射しているかどうかも手元を見れば一目で確認することができます。手に収まるペン型で、照射ボタンをペン先付近に付けているので押しやすく、まさにテレビリモコンを扱うようなしぐさで、思い通りにポイント照射ができます。

この他にもレーザーポインターは、医療現場や教育現場、展示場や博物館などでも有効に使えます。たとえば、レントゲン写真やショールームの模型のような立体展示物、博物館の年表や絵図など、細かい上にデリケートな物を扱いながらの説明が必要なときにも、レーザーポインターの「光で指す」という方法が大いに役立ちます。自分の指や身体で隠れたり陰になったりするという煩わしさが解消され、説明が円滑に進行できます。このようにレーザーポインターの活躍するシーンは多岐に渡ります。

胸ポケットに入れてどこでも持ち運ぶことができ、難しい操作は要りません。余計な装飾のないすっきりとしたペン型デザインなので、若い方から年配の方までどんな方にも似合います。光沢のある艶やかなステンレスボディで、側に置くだけでプレゼンテーションスキルをワンランクアップさせるようなプロらしさを印象付ける、贈答品としてもふさわしいビジネスツールです。

※この製品は(財)日本品質保証機構(JQA)の定められた検査に合格しています。また、安全基準値以下の出力を保つ出力安定化回路を採用しており、ISO9000(ISO=国際標準化機構により定められた品質保証に関する国際規格)を取得した工場で生産しています。

 
[LP-ST300Sの製品画像]   [LP-ST300Sの使用例]
LP-ST300S   使用例
 

プレゼンに最適。ステンレス鋼を使用したレーザーポインター。


レーザーポインター LP-ST300S \3,990 (税抜き \3,800)

レーザーポインターとして初めてステンレス鋼を採用しています。使い込んでいく中でできた傷なども光沢感に変わります。
照射中は、手元のボタンが点灯するので、暗い場所でも照射しているかどうか一目でわかります。
赤色の光線が約100m先まで照射できます。
フック穴があるので、ストラップなどを通すことができ、首から下げておけば大変便利です。
クリップ付きの小型サイズです。胸ポケットに入れるなど手軽に持ち運ぶことができます。
[LP-ST300Sの製品画像]
 
サイズ 直径14×104mm(突起部除く)
重量 45g(電池含む)
表面仕上げ ステンレス鋼・塗装(本体)クロムメッキ(クリップ)
クラス クラス2
波長 650nm
出力 最大1mw
最大到達距離 100m以上(夜間)
連続照射時間 約25時間(アルカリ電池)、約7時間(マンガン電池)
付属品 取扱説明書、保証書、単五電池×2個
 
 

【お客様からのお問い合わせ】
岡山サプライセンター TEL:086-223-3311
東京サプライセンター TEL:03-5763-0011

【報道関係からのお問い合わせ】
広報担当 北 健治/金高 奈津美
TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123

このページの全画像においてクリックすると、大きなJPEG画像が表示されます。
また、各種サイズJPEG、EPS画像をご希望の方は、画像データベースシステム をご利用ください。


このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。
仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
価格は税率5%表記になっています。
本ページに記載されている会社名・製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
ニュースリリースへ戻る