トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > USB3.0対応製品ラインナップ 超高速データ転送!

USB3.0対応製品ラインナップ 超高速データ転送!

USB3.0特集 超高速データ転送 USB-3HCA410BK UFD-3SW*GBKシリーズ(UFD-3SW8GBK/UFD-3SW16GBK/UFD-3SW32GBK)

  • 超高速USB3.0
  • USB3.0をフル活用するには
  • USB2.0と互換性が高い
  • 対応製品ラインナップ

高速USB3.0

USB3.0で超高速データ転送

USB3.0対応の製品は、USB2.0を大幅に上回る超高速データ転送が可能です。
「USB 3.0」は「USB 2.0」に換わる次世代の規格です。USB 3.0のデータ転送の最大速度はUSB 2.0に比べて、約10倍以上(※1)も速くなっています。これは、例えばUSB 3.0がジェット旅客機(時速約1,000km)であるとすると、USB 2.0は山手線の電車(時速約90km)くらいの速度になり、驚くほど速さに違いがあることが分かります。
1TBを超えるような巨大サイズのデータをHDD・SSDやBlu-rayレコーダーなどのストレージ(記録装置)にバックアップする場合、USB 3.0対応機器であれば、短時間でストレスフリーに転送できます。
※1:USB 3.0の速度を最大5Gbps(理論値)、USB 2.0の速度を最大480Mbps(理論値)として比較した場合。

USB3.0と2.0の比較

データ転送が速くなると、こんな時に便利

USB 3.0は転送速度が速いため、重くなりがちな高解像度の画像・動画データ、大量のファイルなど、大容量のデータを通信することの多い現代にピッタリです。例えば、弊社USB3.0対応リンクケーブルでデータを転送する場合、Blu-ray Disc1枚分のデータをUSB2.0より13分も速く転送できます。DVDの場合は3分10秒も速くなります。動画・画像データのバックアップやゲームプレイ動画の保存、リアルタイム映像の配信など、大きなデータを取り扱う機会が多い方にオススメの規格です。

【比較例:USB3.0対応リンクケーブル】※この値は弊社テスト環境平均値であり、保証するものではありません。

ブルーレイ 1枚分の転送時間DVD 1枚分の転送時間

USB3.0をフル活用するには

パソコンや周辺機器がUSB3.0対応か確認

USB 3.0機器が持つ高速データ転送の性能を発揮させるには、機器とパソコンはもちろん、接続するUSBケーブルやUSBハブなどすべての機器がUSB 3.0に対応していなくてはなりません。対応していない場合は、USB 3.0対応製品への買い替えを検討してください。
ただ、お持ちのパソコンがUSB 3.0非対応でも諦める必要はありません。USB 3.0インターフェース増設カードや、ExpressCard34/54対応のUSB 3.0アダプタなどを増設することで、USB 3.0機器を使えるようになります。

超高速転送 約5Ghps

【USB3.0コネクタの見分け方】

USB3.0対応製品か確認するには、USBソケット部分を見れば一目瞭然です。USB 3.0のソケット部分は青色で、USB 2.0/1.1は白色または黒色になっているため、色の違いで判別できます。また、周辺機器側に使われるUSB Bコネクタ、マイクロUSB Bコネクタについては、USB 3.0とUSB 2.0/1.1では形状が異なるため、見た目だけで簡単に判別することができます。

■USB Aコネクタ

USBホスト側(パソコン側)で使用されているタイプです。
従来の形状を保ちつつ、USB3.0用の端子が追加されました。

aコネクタ

■USB Bコネクタ

HDDやプリンタなどのUSB機器に使用されています。USB3.0は、従来のコネクタにUSB3.0部分をドッキングした形状です。

bコネクタ

USB2.0と互換性が高い

従来のUSB機器にも利用できる

USB 3.0は以前から使用されていたUSB 2.0/1.1との完全な後方互換性があり、USB 2.0/1.1対応機器をUSB 3.0機器と混在させて使うことができます。ただ、データ転送速度は従来の規格の速度になるため、HDDや外付けブルーレイ・DVDドライブ、USBフラッシュメモリ、カードリーダーなどの外部記憶装置をUSB3.0の最速スピードで動作させるには、USB3.0対応機器への買い替えが必要になります。ですが、マウス・キーボード・USBスピーカー・扇風機などの大きなデータ転送を伴わない機器、電源供給のみを行う機器に関しては、買い替えの必要はありません。

【USB3.0/2.0の互換性一覧】

USB3.0/2.0互換性一覧

ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る