トップページ > 製品情報 > デスク・ラック > モニター/タブレットアーム・スタンド > モニタアームの選び方(各タイプの特長)

モニター/タブレットアーム・スタンド

モニタアームの選び方

  • 各タイプの特長
  • 取り付け方式について

各タイプの特長を紹介します。
使用する状況に合わせたモニタアームをお選びください。

1垂直アーム

垂直アーム

垂直方向へ稼働するコンパクトタイプです。
水平方向への可動を必要としないシーンにはこちらがおすすめです。
コンパクトかつ価格もリーズナブルです。
SOHOやオフィスなどでの個人使用に最適です。

2水平アーム

水平アーム

高さを固定して、水平方向のか可動範囲を細かく調整できるタイプです。
高さを頻繁に変えない方はこちらがおすすめです。
サブモニタの設置やモニタを複数台設置する場合、また受付など対面の人に確認してもらう用途にも最適です。

3水平垂直アーム

水平垂直アーム

縦・横・斜めと位置調整が自在な高性能モデルです。
ガス圧タイプは動きもスムーズなのでおすすめです。

4ノートパソコン・キーボードアーム

ノートパソコン・キーボードアーム

ノートパソコンやキーボードを浮かせるので、机上スペースを有効に使うことができます。パソコンの下のスペースが使えるようになり、外付けキーボードを収納したり書類を置いたりできます。

5壁面取り付けタイプ

壁付きタイプ

壁面に設置することで空間を最大限に利用することができます。液晶テレビにも使用でき、家庭・店舗からオフィスビル・病院での案内、病室のテレビに至るまで様々な用途にご使用いただけます。

6支柱取り付けタイプ

支柱取り付けタイプ

ポールへ取り付けできるモニタアームです。メタルラックへモニターアームを取り付けたい場合にも便利です。

7スタンドタイプ

スタンドタイプ

立ちながらの作業用です。移動が可能なタイプは病院・工場内での巡回作業に最適です。小型ディスプレイ用から大型・複数ディスプレイ用まで幅広いラインナップをご用意しています。

モニタアーム・スタンドはこちら

ページトップへ

CR-HGシリーズ 組み合わせ例

関連製品

タブレット用アームはこちら

タブレット用スタンドはこちら